足首の関節痛で生活スタイルを変えた

私の家は低い食卓に正座という和風のスタイルで、寝る時もベッドではなくふとんを使っていました。特にポリシーがあったわけではないのですが、私も主人もその方が落ち着くからという理由です。でも、子供が生まれて家事が忙しくなると、正座から立ち上がったりまた座ったりという動きが増え、足首がズキズキと痛むようになりました。なるべく無駄に立ったり座ったりしないようにしようと思うのですが、立ち上がった瞬間に子供が泣き出してまた座ったり、飲み物をひっくり返して慌ててタオルを取りに走ったりと、なかなか思うようにいきません。育児の合間にぬって整体に行くと、「極力高低差の少ない生活スタイルにするしかない」と言われてしまいました。常に足首の痛みを抱えて暮らすのはいやだったので、主人と相談して部屋を大々的に模様替えしました。テーブルは椅子に座るものに変え、寝る時もベッドを使うようにして様子を見ることに。すると、しゃがみ込んだり急に立ったりという動作が減ったので、足首をかばうようなソワソワが減り、足首の関節痛があること自体忘れてしまうほどになりました。日常的に使うことがなくなったおかげか、たまに正座したりしゃがんだりしても痛くなくなり、大掛かりな模様替えが役に立ったと思っています。つらいひざの痛みにリョウシンJV錠